文学部生の舶来ガジェット記

WindowsPhoneとGalaxyが中心

騙されるな!AliExpressで悪徳業者を避けるための3つのポイント

Googleで”AliExpress”を検索すると、

  

f:id:acropolisba:20150807184614p:plain

 3番目に出てくるキーワードが ”aliexpress トラブル” である。参照すると、偽物をつかまされたり購入した商品が届かないことがあるという。

 

ただそれを以てすなわち「AliExpressは危険である」と言うことはできないはずだ。

 

AliExpressは日本の楽天のように様々な業者から成り立っているのであって、ある業者が悪徳であるからといってほかの業者も全てそうである、ということはない。むしろ悪徳業者のほうが少ない(当たり前だけど)。

 

つまり悪徳業者にさえ気を付ければよい。ではどう気を付けるか。

 

 

1. 信じられないくらい安い業者はやばい

 

 

普通に考えばわかるが、具体的な例を挙げてみる。AliExpressでGalaxy S6を購入するつもりで検索してみると、

 

f:id:acropolisba:20150807191737p:plain

 

 青枠で囲った価格を見る。

 

一番上が103,695円、その下が13,612円である。SAMSUNGの最新機種であるGalaxy S6が13,612円というのは、いくら何でも怪しすぎる。

 

 <参考>

docomo Galaxy S6 SC-05G

 

  

13,612円では製造コストすら回収できないはずだ。偽物確定。

 

 

 

2. メーカー名がない

 

f:id:acropolisba:20150807191737p:plain

 

  もう一度この画面。上から2番目と3番目の明らかに価格からして怪しい奴らの商品名に注目する。

 

 価格からして本物だと思われる1番目と4番目には "Original"とか"Samsung"などが明記されている。偽物にはそんな説明はない。

 

 さすがに「サムスン製だ」と言って偽物を売りつけられることはまずない。

 

 体の偽物は説明文から正規品でないことが伝わってくる。だからこそAliExpressもこんな業者を排除できないのだろう。

 

 

3. 業者の評価を見る

 

f:id:acropolisba:20150807193457p:plain

 

 青枠で囲った部分をクリックして、並び順を業者の評価が高い順番に並び替える。こうすると偽物を売りつける悪徳業者は評価が低く、上の方には上がってこられない。

 

 ダイヤモンドのロゴは優良業者を意味する(ダイヤモンドがなければ悪徳というわけではない)ので、とりあえず安心できる。

 

商品ページから購入者による業者のフィードバックを確認することも手である。

 

 

 

 それでも偽物を買ってしまったら

 

 商品を受け取って偽物であることに気づいたら、すぐに”My Order”へアクセスし、”Open Dispute"をクリックする。

 

 業者に対して抗議し返金を要請する。業者がそれに応じなければ、AliExpressの運営に連絡すればよい。