文学部生の舶来ガジェット記

WindowsPhoneとGalaxyが中心

2万円以下の格安SIMフリースマホ WindowsPhone編

MVNOの格安SIMとセットで売られている格安スマホはほとんどが中国・台湾メーカーのもので、見た目がチープで別にかっこよくもない。

f:id:acropolisba:20150808214335p:plain

それがNokiaMicrosoft)製のWindowsPhoneとなると話は別である。デザインはポップで下手な国内メーカーよりずっと洗礼されているし、価格もモデルによっては1万円を切ることだってある。もさもさ中華スマホを買うくらいならWindowsPhoneの方がいい。

 

 WindowsPhoneの特徴・注意するポイント

 

・WindowsPhoneで使えるアプリはAndroidiOSと比べて非常に少ない。LineやSkypeなど基本的なアプリはそろっているので難儀することはあまりないが、パズドラなんてない。

 

・CPUが大したことないからといってレスポンスの悪さに悩まされることはあまりない。Androidデュアルコア、512MBメモリの端末というと大したことなさそうに聞こえるが、WindowsPhoneでは特に問題なく動く。ゲームなど処理の重いアプリを使わない限り、CPUやメモリはそんなに気にしなくていいかもしれない。

 

・機種によってはカバーの付け替えに対応している。カバーといっても本体の上にさらに被せるカバーではなく、本体のガワ自体が交換できる。傷がついても新しいカバーを付けるだけでよいし、別の色のカバーを付けることもできる。

 

NokiaMicrosoft)製のスマホは、Amazon楽天などを通して国内の業者から購入するよりも、海外のSIMフリー端末専門業者から輸入した方が安く済む。国内の業者が海外の業者から買い付け、転売している分高くなるのである。日本語が通じる業者、通じない業者など様々であるが、価格が低い反面端末に不具合が出た場合、交換や修理に出すのが非常にややこしいし、返送代だけでもけっこうかかる。それなら日本の業者から買った方がかえって安いということもある。そもそも日本で販売されていない端末を使おうとする時点でその点は覚悟せねばならないだろうが。

 

 ・SIMと端末との組み合わせに注意せねばならない。せっかくLTEが使えるSIMを契約しても、端末がLTEに対応してなければ意味がないし、通信方式が異なっていても通信できない。

 

・ LTEに対応していない端末も多い。不便だがLTE対応の端末より安いし、モデルによっては同スペックでLTEに対応している端末と対応していない端末が存在することもある。

 

・端末のストレージのほか、MicroSDが利用できる端末もあるが、中には MicroSDに対応していないモデルもある。その場合はOneDriveを無料で30GB利用できる特典がついていることがあるので要確認。

 

端末の価格は業者や時期によってかなりばらつきがあるので、この記事で示す価格は参考程度に留めていただきたい。

 

 

 

 Nokia X

 

f:id:acropolisba:20150808225535j:plain

 

 

いきなりだがNokia XのOSはAndroidである。ただしNokiaのカスタマイズOSのため、見た目はWindowsPhoneっぽい。イエロー、グリーン、シアン、ブラック、ホワイト、レッドの6色展開。スクリーンは4インチで解像度800x400。バックカメラ300万画素。LTE非対応。

Androidのためアプリの心配をしなくてよいのは大変助かる。デュアルSIMもポイントが高い。1Shopmobileで$60。

 

【海外版SIMフリー】Nokia ノキア X Dual SIM デュアルSIM 【dual デュアルSIM】 [並行輸入品] (イエロー)

 

Nokia Lumia 630

 

f:id:acropolisba:20150808225737j:plain

 

OSはWindowsPhone8.1搭載。ブラック、ホワイト、グリーン、イエローの4色展開。LTE非対応で4.5インチ、内臓ストレージは8GB。カメラ500万画素。デュアルSIM機で、1Shopmobileでは$85。なお同スペックでLTE対応のLumia 636あり。

 

Nokia Lumia 630 Dual sim (simフリー, 8GB, Green,並行輸入品)

 

Nokia Lumia 530

 

f:id:acropolisba:20150808230338j:plain

 

Lumiaシリーズは400番台~1000番台まであるが、400番台~600番台が安いエントリーモデルで、900番台および1000番台がハイスペックモデルである。

 

スクリーンは4インチでメモリは512MB。ストレージは4GB。LTE非対応CPUが若干630よりスペックダウンしているが、前述のようにそれほど問題ではないはず。

 

Nokia Lumia 530 (White ホワイト)「Dual SIM 3G SIMフリー【並行輸入品】

 

Microsoft Lumia 430

 

 

f:id:acropolisba:20150808230528j:plain

 

定価$70でLumiaシリーズの一番安いモデル。ただし530より新しいので、メモリが1GBであるなど若干スペックアップしている部分もある。そのせいかAmazonでは530より少し高い。1Shopmobileでは$65。630、530と異なりフロントカメラが搭載されている。

 

Microsoft Lumia 430 Dual SIM RM-1099 (SIMフリー, 8GB, Black)[並行輸入]

 

Nokia Lumia 830

 f:id:acropolisba:20150808230634j:plain

 

これまでのモルとは若干毛色が異なり、ミドルレンジ級である。LTEにももちろん対応している。画面の解像度も高く、スクリーンは5インチ。カメラも定評があるPureviewが搭載されており、価格も高いのかと思いきや1Shopmobileで$170程度と630など下手なエントリーモデルを国内の業者から買うより安い(Amazonでは4万円以上する)。かなりお買い得といえる。

 

そのほか順次追加予定。